シゴトイチラン

世の中の様々な仕事・職業・業界を紹介!

YOUTUBEもあるよ♪

その他

アレクサ(アマゾンエコー)のできることを大雑把にケイケイが語る。

 

ケイケイ自身は、なにができるか知らずに購入しましたが、外国企業の商品によくあることで、なにができるかが本当にわかりにくい。

いまは、インターネットの時代で、自分でホームページで調べてください系。およよ。

 

購入している方でも、なにができるかをすべて把握している方は多くないのではないでしょうか。

かくいう、私もその一人です。

できることを、細かく言えばキリがなくなるので、概要を紹介します。

 

まずは、Amazon Echo(アマゾンエコー)の種類を知ろう!

 

事前知識として

まず、アレクサ及びアマゾンエコーにはいくつも種類があるのです。

商品名は、Echo 〇〇〇(エコー〇〇〇)です。

 

「ケイケイちゃんねる」の動画にでているのは、Echo Dot(エコードット)といわれる、値段の安い部類になります。

 

商品ごとになにが違うの?

① スピーカーの質

② 大きさ

③ カメラのありなし

④ ディスプレイ(スクリーン)のありなし

 

下にいけばいくほど値段は高くなります

Echo Flexは、超小型

Echo Dotは、機能十分で価格が手ごろ(ケイケイのはこれ)

Echo Dot 時計付きは、現在時刻を点灯して表示している

Echoは、6,000円UPして音質がUP

Echo Plusは、最上位の音量

Echo Spotは、小型ディスプレイ(販売終了)

Echo Studioは、音響最上位機種

Echo Showシリーズは、ハイビジョン画面。(1万前後もあり)

 

では、なにができるのか?

 

・カメラ付きのタイプのアマゾンエコーなら、外出先からも設置場所の映像を見れる。

・アマゾンでの買い物が音声でできる。(Prime会員限定)

・音楽をかける(課金をしなかったら、広告が入ったり指定した曲を聴けない場合がある )

・Bluetoothスピーカー(例、スマホで再生している音を飛ばせる)

・アラームを発話でかける(例、「5分後にアラームかけて」・料理の時便利!)

・リマインダーを発話で設定する(例、「〇〇をメモに追加しといて」)

・スケジュールを発話で確認する(例、「いついつの予定は?」)

・時間をきく

・ニュースを聞く

・ラジオが聞ける(世界)

・天気予報を聞く

・スポーツや株価の結果を知る

・他のアマゾンエコーに電話をかける(カメラ付きなら、ビデオ通話も可能)

・動画を再生する

・スマートホーム用の機器や家電を操作する

 

その他、アマゾンスキルという第三者が作ったソフトで対応できることならなんでも!

どんなのがあるかは右のリンクより、「アマゾンスキル

 

グーグルアシスタントとの違いは?

グーグルから発売されている、グーグルアシスタントもほぼ同じようなことができます。

現在は、Google Nestという名前です。以前は、GoogleHomeという商品名でした。

なんせ、商品名を変えたりするからややこしくて、わかりにくでしょ。

 

なにが違うかというと、大雑把には

・返答の仕方

・情報の引出先の違い

・返答の違い

・音声認識精度

・アマゾンの方が、第三者のスキル(ソフト)が多いのでやれることは多いか・・・

 

ただ、細かいことをいえば、両商品とも少ないですが片方にはできて、片方にはできないことも存在します。

例えば、グーグルアシスタントは、アマゾンでの買い物できない。アレクサは、経路案内はできないなど。

もしも、購入前の方で、どうしても必要な機能がある場合は、念のために事前にググってください!

 

あらまっ!ここでもGoogleですね!

 

AIアシスタントして、グーグルアシスタントは後発なのですが、音声認識精度という点では、アレクサよりも優秀との声が多いです。機能についても、今後に期待ですね。

ケイケイは、どちらも持っています。だって、どちらがいいかは、飼ってみないとわからないでしょ。

まぁ、いまのところアレクサの方が、カワイイかな。

 

家電とアレクサまたグーグルアシスタントとの連携は、赤外線リモコンを丸ごと連携可能にする以下の「スマートリモコン」を使うのが一番人気かつおすすめ。

 

 

-その他

© 2020 シゴトイチラン/仕事を知れば視点が変わる!