シゴトイチラン

世の中の様々な仕事・職業・業界を紹介!

YOUTUBEもあるよ♪

FX(通貨トレード)・資産運用

【トレーダー監修】DD方式とNDD方式を徹底比較!?メリット・デメリットは?

DD方式とNDD方式

 

月利9%以上の実績があり、現在も現役で為替トレードをしているケイケイがご紹介します。

 

DD方式とは?

まずは、多くの国内のFX会社が採用しているDD方式について説明!

DD方式・・・Dealing Desk (ディーリングデスク)の略称です。

この方式の場合は、私達投資家は、FX会社が独自に提示している為替レートで、FX会社と取引します。

これを相対取引(あいたいとりひき)といいます。

一方、株式などを東京証券取引所などでマッチングさせることを「取引所取引」といいます。

 

FX会社の独自の為替レートといえど、提携しているインターバンク市場といわれるいくつかの銀行の提示レートを参考にしているので、基本的にはそこから乖離したレートでは提示しません。

なので、どこのFX会社で取引しようが、ほぼ同じような為替レートで私達は取引できます。(悪徳業者でない限り・・・)

 

で、FX会社は、あなたと1人だけではなく、大勢の顧客とおのおのと取引しているので、その注文をFX会社の中にいるトレーダーもしくはプログラムシステムは、顧客同士の注文を付け合わします。

このように相殺することを「マリーする」ともいいます。マリー(marry:結婚)

 

例えば、あなたがドル円を1万通貨買っていて、誰かが同時に1万通貨を売っていれば、FX会社はなにもしないでしょう。

差引がゼロになるからです。これに関しては、なにも問題ありません。

 

こうすることで、FX会社がインターバンク市場(銀行間取引市場)に注文を流さなくてよく、低スプレッドを実現することができます。

 

FX会社

・マリーした双方のユーザーから徴収している通常のスプレッド(上乗せ分)がそのまま収益になる

インターバンク市場から調達する際への手数料を省ける

 

ただ、あなただけがドル円を100円で買って、マリーする人がおらず、もし、ドル円のレートが102円になって決済すれば、あなたは利益ができますが、FX会社は損失がでるのです。

なぜなら、FX会社はあなたに利益を支払わなければならないから。

なので、FX会社は「あなたがドル円を100円で買えば」、提携している銀行におなじ数量の「FX会社が、ドル円を100円で買う」注文を流すのです。

でないとFX会社は、「あなたに100円で売ったまま」になります。

 

このインターバンクに注文を流すことを「カバーする」といいます。

カバー率が100%ならすべて顧客の注文を流しているといえるといます。

未カバー率はその逆で、FX会社がみなさんと同じようにリスクを負ってトレードしていることといえるでしょう。

 

カバー先に流さなかった注文については、「トレーダーが損をするとFX業者が儲かる」という構図になってしまうため、取引の透明性に疑問を持たれることもあります。

しかし、多くのFX会社のカバー率は90%を超えています。

どのようにして、コントロールしているかは、DD方式を採用している各FX会社の裁量で異なりますし、ブラックボックスです。

 

DD方式での禁止事項

自動売買やスキャルピング取引禁止しているところが多い。

理屈としては、数秒で決済が頻繁にされるとFX会社側がカバーするのが大変であるからと考えられる。

マリー(結婚)したと思ったら、瞬間にディボース(離婚)されたら手続きが大変でしょw

DD方式では、FX会社側である程度マリーして収益をあげることができるから、低スプレッドを実現できていることを理解しよう!

 

注意

噂でよくある、「利益を上げすぎるとFX会社が損するから口座を凍結される」というのは、ありえない話。

騙されないで!

事実、ケイケイは現在はDD方式を使っている。

また、ある程度のスキャルピングでは解約などされなかった。

逆に、1日通貨の取引限度量のロットの制限を拡大してくれたこともある。

ただ、規約でスキャルピングを禁止されてるのであれば、解約されても文句はいえない。

 

DD方式のメリット・デメリット

メリット

・ スプレッドが狭いので手数料が安い!FX会社が一部リスクを負ってくれている。

デメリット

・ スキャルピングができない

・ 値動きの変動が大きい際や取引数量が大きい際などは、約定拒否やスリッページが起こり得る。ただ、これはNDD方式のSTP方式でも同じである。

 

NDD方式とは?

 

NDD方式・・・No Dealig Desk(ノンリーディーリングデスク)の略称です。

NDD方式は、私たち顧客の注文を原則インターバンクへ流します。

ただ、その分スプレッドが広いのです。

理由は、FX会社もインターバンク側へすべての注文手数料を払います。

その手数料は、アナタから貰う手数料の一部から回収します。

 

FX会社としては、大きな損も出さないが大儲けする可能性もない。

FX会社側からすれば、顧客の取引回数が増えてくれることによって売上が増えるということです。

 

NDD方式の中にも2種類の方式がある!

NDD方式とよばれているなかでも2つの方式があります。

 

NDD方式

・ECN方式(Electric Communications Network)

・STP方式(Straight Through Processing)

 

ECN方式とは?

トレーダーの注文がその方式を採用しているFX会社が提携している「私設取引所(ECN)」に直接流されてそこに加盟している金融機関等の注文がマッチングされて約定が締結される。

ECNの用語自体は、日本語だと”電子取引所取引“と呼ばれる。

なので、ECNが世界に1つだけあるということではなく、世界にいくつかあるので、健全性などはそれぞれのECNによって異なると考える。

またこの方式であれば、株式であるようにマーケットデプス(価格帯別注文情報)と呼ばれる「板情報」を見ることができる。

マッチング方式を取っている以上、約定拒否はないと考えていい。

 

STP方式とは?

顧客の注文を、一旦、FX会社を経由して、FX会社が即座に提携しているインターバンク市場の金融機関に注文を流す方式

そのFX業者が提携している金融機関の数が多ければ多いほど安定した約定力を期待できる。

このカバー先をLP(Liquidity Provider:リクイディティプロバイダー)という。

FX会社が一旦、DD方式のように注文をうけることは即座にカーバーしたとしても、提携の金融機関に注文が届くまでの間にレートが上下した場合にFX会社に損がでる可能性はあります。

なので、DD方式と同じように約定拒否やスリッページが起こることはあります。(requote:リクオート)

 

NDD方式のメリット・デメリット

メリット

・ FX会社の裁量が加わらないので、利用者にとって透明性が高い。安心できる。

デメリット

・ 顧客同士のマリーがない分、スプレッドがDD方式よりどうしても高くなる。

 

まとめ

DD方式・NDD方式のどちらをとっても一長一短ある。

スプレッドを考慮をしたら、どちらも、完璧はない。

多くのWEBサイトでは、海外FX口座を開設させたいがために、DD方式を否定したがる。

現在の国内のFX会社は2005年の法改正を皮切りに、金融庁に監視され健全化している。

結局のところ、ケイケイのおススメするFX会社から実際にいくつか利用してみて個人的に利用しやすい会社で取引すればいい。

この件については、国内業者・海外業者のどちらを選ぶべきかという問題は、無関係である。

ただ、スキャルピングをするという方は、国内・海外業者に関わらず、公認しているところまたはNDD方式を選ぶべきである。

 

DD方式・NDD方式 共通して注意!

ただ、DD方式・NDD方式ともに共通して言えることは、予期もせないことインパクトのある出来事が起こると、インターバンク市場(銀行間取引市場)でも「値が飛ぶ」ことがあるのだ!

そうなったらレバレッジをかけ過ぎている場合、強制ロスカットが発動する。

また、こういった際は、配信レートの停止一定時間だれもが取引できなくなることやスプレッドの大幅拡大がある。

こういった時の対応は、それぞれのFX会社間で違う。

この際に強制ロスカットで済めば、証拠金範囲内の損害で済むだろうが、インターバンク市場でも値が飛びすぎて、強制ロスカット以上の損失が及ぶレートで自動決済される可能性もある。

 

このような時というのは下記のどれかに当てはまることが、通例である。

 

注意ポイント

・相当なインパクトのある出来事が起こったとき

・マイナー通貨

・出来高流動性が低い時期(年末年始など)

 

預け入れている証拠金以上で決済されていたら、FX会社に対して、損失プラス借金を負うことになることを頭の中に入れておこう。

そんなことは、滅多に起こりえないことであるのだが、万が一を想定しておかないとトンデモないことになるのだ。

 

払える金額であれば、問題ないが、そうでなければその借金は個別相談といった感じである。

納得いかなければ、裁判か!?それとも自己破産か・・・

 

なので、レバレッジ管理及び資金管理は、徹底してしなければならないことを覚えておいてね。

状況に応じて相当な余力を残しておくこと!

 

-FX(通貨トレード)・資産運用

© 2020 シゴトイチラン/仕事を知れば視点が変わる!